サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 24日

バツマスの思い出

めりめり、めり~だぜ。
(↑ 何かの裂ける音ではないよ)
と言っても私の住む町の商店街では何ら変わることなく、
思わず安心してしまう。
街頭スピーカーのBGMだけはきも~ちクリスマスソングを流している。
あとスーパーの店員もサンタ帽を被っているけど何だかかわいそうに見える。

もう十数年も前のことだが、クリスマスにバイトを入れていたおれは
当時付きあっていた女子に「断ってよ」「だってイヴだよ?」とか何とか言われ、
その当然感・大衆の暗黙の了解を知らないのはあんただけ、みたいな疎外感、
どっちかと言うと硬派?
とにかくイラっとなって「それがどーした?」と応えてしまい、
予想以上に泣かれて反省したというほろ苦い経験があるので、
それ以来軽く意識はするようにしている。
わはは、すなおだぜ。

なので今夜はちょっと特別にタイカレーを作って食べます。
これから作るので写真は後日。
[PR]

by santarablog2 | 2008-12-24 17:11 | 日記 | Comments(0)


<< クリスマスカレー      自写像 >>