サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 16日

楽園のような部屋

ツアーが終わってここ数日
ファイナルの日に届いたお花を眺めたり
もらった魚を眺めたりしてボーっと過ごしました。

本当に眺めてると時間が経っちゃう。

アカヒレ(魚)は大きい水槽に移した途端に険悪になり
一匹がもう一匹をつつき廻し、それが原因かわかりませんが、
ついに昨日一匹死んでしまいました。
あ~あ、悲しい。
名前もまだ付けていなかったのに。

そしてお花。
今私の部屋には床に置いたバケツのいくつかに花がテンコ盛りです。
とっても無造作です。
贈ってくれた人に申し訳ないが、しかし部屋は百合の香りが充満し
さながら楽園です。

その中にあしらわれた淡いピンクのケイトウ。
ケイトウってのはしかし、見れば見るほど
鶏のとさかです。
雄鶏の冠です。
b0113846_2114364.jpg

b0113846_2115477.jpg

なぜ私が鶏冠にさえも詳しいのか、
これには悲しい過去があるのですが、
書けば長くなるし、何といっても今はアカヒレの喪に服しているので
また今度。
[PR]

by santarablog2 | 2009-09-16 20:58 | 日記 | Comments(2)
Commented at 2009-09-17 01:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by りこ at 2009-09-17 11:50 x
うちの息子が幼い時、なかなかおねしょが治らなかったのです。
鶏のとさかを、ぐつぐつと煮込んで食べさせたら良いと聞きまして
小さく刻んで食べさせましたけど、あまり効果はなかったなあ~~。
鳥のとさかと言えば、おねしょを思い出してしまいます。
(良い話でなくてごめんなさいね。)


<< マリー      サンキュー >>