2011年 08月 24日

なぜ絶滅危惧種になったか

先日、カブトムシ、クワガタが小型化していっているというのをテレビで見た。
土壌の変化、またはエサにありつくために必要な機動力を得るためだそうだ。

カブトムシ・クワガタの幼虫が育つ腐葉土は人の手が入らないと
湿気が多くなりそのことが成長に影響するんだそう。

タガメも天然の自然豊かなところより、
人の手が入った水田周りの水路、いわゆる「里山」などの方が住み易いらしい。

このことから考えれば元々、太古から生存してきた日本タガメは水稲作の発展に
乗じて勢力を伸ばしてきたと言える。
歴史を知る人の証言「昔はいくらでもいた」「最近見ないなあ」などから考えると
水稲作がより効率的、近代的になるのがタガメには不都合であったと。
農業を生業にしている方には、そりゃ無農薬は今でこそ売り文句になるが
かける手間が少なく、かつ大量生産がいいに決まっている。
タガメのために田んぼやってるわけじゃない。

いくら探してもタガメがいないのは仕方ないのかな?とも思うわけだ。最近は。

つづく
[PR]

by santarablog2 | 2011-08-24 16:10 | 日記 | Comments(1)
Commented by Nori at 2011-08-26 00:11 x
シュールにリニューアルされててビックリしましたヨ。
模様部分?が特になんともいえません。。。

「子供のころは田んぼにいくらでもいた」と言った私の上司は
40代にして歴史を知る人になってしまったか ^^;

先日、うちの網戸にやってきた斉藤さん(オスのカブトムシ)は小さくて、
これから大きくなるのかな~、と思ったんですが
小型化してたのかしらん。


<< 火の鳥      148年前のきょう >>