2012年 02月 11日

CSN

Crosby,Stills & Nash (&Young)というバンド、これが昔から大好きであります。

初期(70年くらいまで)のレコーディング音源は
60年代のニュース映像にハマリ過ぎというくらい時代の音がします。
何というか、生まれる前の時代の混沌についていくら本を読んで勉強するよりも自分にはわかり易かった。
当時の雑な部分とコーラスの端正さのアンバランスさに何とも興味を惹かれてしまったのかもしれません。

現在もアメリカでライブ継続中のようです。
学生の頃は海賊版は手に入らなかったので90年代の正規のライブビデオをよく見ていました。
b0113846_16415863.jpg

http://www.amazon.com/Crosby-Stills-Nash-Acoustic/dp/B00023B1A8
このビデオが一時期すごく好きで。
さっき言ったことと矛盾するがアメリカンショウタイムなライブにこなれた3人が見せ場作りこみ、
盛り上げ上手、そして素晴らしいパフォーマンスしているのだが、
たまたま遊びに来た従兄弟にこれを見せたら、
「かっこいいわけ?これが?このデブはげが?」と言われて
そりゃ確かになと納得したことを思い出した。

確かにデブではげだが
まあそれはそれとして3人きりのステージで全ての音が素晴らしいです。
そして3人ともがギターを弾いています。
これについて考察があるので次回に。
[PR]

by santarablog2 | 2012-02-11 16:45 | 日記 | Comments(1)
Commented by Nori at 2012-02-13 11:36 x
…^^;
若人(たぶん)は容赦ないですね~


<< 白い筋肉で弾くギター      長キ不在ヲ詫ビル >>