サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 16日

白い筋肉で弾くギター

今日は超持論を展開しますよ!

前回ご紹介したCSNは3人ともギターを弾きますが、全員が白い筋肉ギタリストです。
ポールサイモンも白い筋肉系です。
レイボーン兄弟もそう。
例えばエリッククラプトンさん、これは違う。
白い筋肉系じゃありません。
いやいや、ごつい人が筋肉系というわけじゃありません。
ジョニーウィンターさんは細いですが、白い筋肉系です。

日本人には少ないですが、
アルフィーの高見沢氏、これは筋肉系ギタリストです。
筋肉モリモリの長渕剛さん、意外と白い筋肉ギタリストではありません。

得てしてアメリカのブルーグラスやカントリー系には筋肉系が多いです。

白い筋肉系とは、つまり短距離走やウェイトリフティングなどに
有用な筋肉でギターを弾いている、というか
ギターをしっかり抱いてぶん殴っているギタリストです。
足もしっかりと踏みしめて立って弾きます。
その他にも赤い筋肉系、バネ系、未分類など様々ありますし、
どっちがいいという訳でもないですが。
割と分析してみるに、自分の好きなギタリストの共通点だったり、
こういう見方もおもしろいよと昨年のボイスブログギター解説で言い忘れたようなお話でした。
オチなし。
b0113846_2314447.jpg

本当は筋肉解剖模型みたいな絵を描きたかったのだが
またツッコミどころの多い感じになっちまった。
[PR]

by santarablog2 | 2012-02-16 23:15 | 日記 | Comments(2)
Commented by Nori at 2012-02-17 00:18 x
ぶっ…
手が、手がちっちゃい…(そこかよ)

「街が死んだら」は、白い筋肉酷使系ですかね?
Commented by Nori at 2012-03-02 00:57 x
ドロボーねこが捕ってきた贈り物の色は
春に伸びてくる新しい芝生
5月の若葉のいろ。
そこにうすーい金色が混じって
木漏れ日みたいなシャンパンみたいなきらきら。
そんないろがみえました。


<< おれがいて君がいるアクアリウムの世界      CSN >>