サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 04日

おれがいて君がいるアクアリウムの世界

水槽を立ち上げたのは
IT'S SO EASYツアーの終盤、貢物でコッピー(アカヒレ)をいただいた時なのでもう2年半も前のこと。
生き物のこと、いくら可愛がっていても寿命もあり既に5代目くらいになっているかな?

ツアーで長く家を空ける時はレースのカーテン越しに日当たりのいい場所に移して浮き草を多めに入れます。
暑い時期は風通しのいい場所に移動させ、幸い斜め開きの窓があるのでその下に設置したり。
心配しながら帰ってきても意外と元気に過ごしていたり。

で、この冬になって寒さのせいではなのか、
かなり初期に入れたオトシンクルスネグロが斃れ、秋口に導入した小型コリドラスが次々と星になり、
ついでにお掃除屋のイシマキガイまで亡くなってついに初期のアカヒレ1匹となってしまいました。

具合の悪くなったお魚というのはそれは見ていられるもんじゃありません。
その際は薬浴といって薬を水に混ぜてあげます。
バスクリンみたいな緑色になります。飼い主としてできることはそれくらい。
水草にはよくないらしいのでその際は撤去する。
かなりな殺風景になります。
具合の悪くなったお魚が薬浴で復活するということはまずありません。
他のお魚に伝染するのを防ぐ意味合いくらいでしょうか?
コリドラスなんかは苦しみ錐揉み泳ぎをしながら死んでいきます。
そしてイシマキガイさえ死んでしまい、
2月に入りついに立ち上げメンバーのアカヒレ1匹になってしまいました…。
さすがに寂しそう、かと言ってもう苦しむのを見たくない。
季節柄、新しい環境に小さな生体を入れるのはまあ、かわいそうです。

というわけで初・ミナミヌマエビを購入。
シュリンプといって色のついたヤツはマニアがいるらしく高価なので日本にいる割と丈夫なヤツ、
ヤマトヌマエビとミナミヌマエビがポピュラーですが、繁殖を考えた際
ヤマトは汽水を作らなければならず難しいので(イシマキガイの繁殖も同様)
どちらかというと通好みのミナミヌマエビです。
ついでに大型イシマキガイ2匹も同時に導入。

気のせいではなく悲しかった水槽の透明感は一気に増しました。
生体の呼吸で二酸化炭素が生まれ、光が当たって水草は酸素を作り、
生体は順番で老廃物をだんだん小さく分解していって・・・
すてきな水槽になりました。

もう少しでエビの赤ちゃんも生まれそうです。
b0113846_15381861.jpg

立ち上げ当初の水槽
b0113846_1538395.jpg

現在の水槽。
同じケイタイのカメラで撮ってますが、明らかに調子悪く。
ファイル名によるとこの間で1000枚の写真を撮ったそうだ。
[PR]

by santarablog2 | 2012-03-04 15:40 | 生き物 | Comments(1)
Commented by Nori at 2012-03-05 22:43 x
ミナミヌマエビの前足の後ろからしっぽにかけて、
おなかの下が少し黒っぽく見えるのが卵でしょうか?
生命が廻る水槽の世界、すてきです。
もう少しあったかくなったら、お魚仲間も増える予定?
海の中の水槽みたいな写真になってますね^^;きれいですけど。

そろそろ、池のパトロール時期でもありますね ^^
パトロールできる池が近所にあるなんてうらやましいっ
今年はこの寒さ、まだみんな息をひそめているのかな~
レポート、期待しています!

あ、そうそう
昨夜、TVでたかみーさんの筋肉(美)拝見しましたよ。
タイムリー。


<< 撮影に成功!      白い筋肉で弾くギター >>