サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 26日

京都探訪2012 三条篇

伏見区から京都の中心四条近辺までは車で30分くらいかかるかな?
前回とっくりと見た木屋町周辺は史碑がたくさんあります。
http://sunada.exblog.jp/16728146/

前回は夜だったので見逃しも多かっただろうし、三条から西側に向かってしまったため今回改めて探索。
三条小橋のほとりにある大村益次郎と佐久間象山暗殺地の碑。
b0113846_2022373.jpg

しかしよく見ると北へ約一丁と書かれています。
なぜこのお二人だけそのように丁寧に道標まで??
みーちーしるべかーー!と歌いながら北へ。(この歌が判った人えらい)
はい本当にありました。
b0113846_2034092.jpg

b0113846_2035648.jpg

なぜかこの2つは高瀬川を挟んで対岸に、しかしこちら向き(東向き)に建てられているのね。
言っときますが、同時に殺された訳じゃないよ。5年くらい違います。
たまたまほぼ同じ場所だったというわけ。

で、その向かいには桂小五郎の嫁はん、幾松のお店。
b0113846_206069.jpg

ここで同棲始めたわけですな。恋の街、京都ですな。
b0113846_206165.jpg


で、三条に戻って三条大橋です。
b0113846_2026522.jpg

もちろん存在は知っていましたが、京都にいた頃ここを通ったことなんて片手で足るでしょう。
この橋の擬宝珠は室町時代のものとのこと。
しかも池田屋騒動の時の刀傷が残ってるとのこと。
確かにありますよ?しかしかなりの量の唾液を眉に塗りたくなってしまったので写真は割愛。
橋の西詰め、北側には制札場がありここでニュースが掲げられてたわけですな。
b0113846_20162627.jpg

これを引き抜いて暴れた土佐藩士を新選組が取り締まった三条制札事件というのもここが現場。
罪人となればここに晒し首にされます。
石田光成、千利休らも晒されたそうです。
そして我らが新選組近藤勇局長も江戸板橋で「トシー!(土方歳三)先往くぞーー!」と叫び斬首にされ、
30マイル離れたここまで焼酎漬けで持ってこられ晒された場所でもあります!
b0113846_20204085.jpg

言っときますが、この地点から西へ100mもないところに一世を風靡した現場、池田屋があります。
京都を火の海から救った彼がなぜ罪人になったのか、文字どおり負ければ賊軍なのか・・・

うまく文に出来ないので久々に絵を描きました。
b0113846_2029719.jpg

やはり好きなものは最終的に絵に描きたくなる。
描いて描いて、徹底的にぶっ壊したくなる。
どうせヘタクソですが、1stテイクに勝るものなし。

この後ぼくは江戸に帰りました。
[PR]

by santarablog2 | 2012-04-26 20:35 | 日記 | Comments(3)
Commented by Nori at 2012-04-29 01:54 x
ひさびさイラストですね
カラー! ですね 力はいってますね
首リアル ^^;
左巻きマイマイ…

写真+語り+イラスト&地図 で本できそうですね
「サンタラ・砂田の新選組巡り☆」とかなんとか ^^;
(呼び捨てスイマセン)
Commented by Nori at 2012-05-09 01:31 x
左巻きくん、枯葉ベッドで眠ったまま☆になったんですね。
ずいぶん、お寝坊さんだな~とは思っていたのですが。
で、えびちゃんは無事孵化 ^^V
お兄さんお姉さんエビはどしましたか?

ところで、七夕ライブですが、
ちょっと変わった編成で楽しみ♪とは思っていましたが、
自ら”珍編成”と宣われるとは… 爆笑。
Commented at 2012-05-15 23:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 今週末、北海道!      伏見探訪 >>