サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 15日

マーチン縦ロゴ体感記

先日の吉祥寺ライブ、盛況に終了しました。
また誕生日ということで各方面からお祝いの言葉をいただきありがとうございます。

たくさんのプレゼントもいただいて・・・ありがとうございます。
大切に食べ、飲み、使わせていただきます。

さて今レコーディング中で、ちょいとした縁からMartin D-41というのを使わせてもらっています。
ピックアップがマウントされシリアルナンバーが隠れているため、
製造年がわからないのですが、おそらく70年代後半くらいのもの。

分からない方のために説明しておくとMartinは機種名の最後に数字がついており
今はざっと1から45とかまであるのかな?
45種類の区分けがあるわけじゃないが。
今やそこから亜種が派生してよくわからん感じなんですが、
いにしえからある機種はその中で18,28,35,45。
「D」ってのはボディサイズを示す。

41というのは作りはほぼ28/見た目はほぼ45、と言われているようです。
そんなことはこの度借りて初めて調べたんだが。
ぼくにとっては見た目がヘッドのロゴが縦、ポジションマークがヘキサゴンということで格上ということになります。

あくまで僕にとってはですが、
ぼくにとって見目麗しいということは
ぼくにとって音もいいのがぼくにとってのアコースティックギターです。

レコーディングですでに何曲も使わせてもらいましたが、
少し力を入れ気味で弾かないとちゃんと鳴ってくれないギターということは分かってましたが、
オーナー氏のお言葉に甘え、専用のケーブルまで作ってもらって先日のステージでも使わせてもらいました。
b0113846_18492214.jpg

photo by NAOAKI OKAMURA

どん!という低音は大き目のピアノが自分のお腹の中で鳴っているような音圧です。

これで聴いていても思い出し藩笑いになってしまいます。
しかし力を抜いてはいけない、自称ハードピッカーの私も3日経ったのに
脚がやや筋肉痛です・・・

まあそんなわけで以前ここに書いたように
http://sunada.exblog.jp/14710790/
憧れのMartinヒストリーをオンステージで体感しましたが
見たり聴いたりと実際に弾くのでは大違い。
あの先人達、随分と軽々と弾いてたように見えたがな、って感じ。
[PR]

by santarablog2 | 2012-11-15 23:31 | 日記 | Comments(1)
Commented by Nori at 2012-11-16 02:08 x
お誕生日は、天気も空気も気持ちよく、
朝の通勤の中央線から富士山がきれいに見え、
サッカー日本代表も勝利し、とてもいい日でした^^

ライブは、おNew づくしに負けじと?
こちらもNew face さんを加え参加させていただきました。
ギターを弾く人なので、
座ったとたん、ステージ上のギターに興味しんしんでした。
ライブ後は、「あーギター弾きたくなった!」って言ってました。
私は、ギターに全然詳しくないのですが、
音のひびきと特に低音が心地よいな~、
などと勝手に思いながら、楽しんでました。
でも、筋肉痛…^^;

言われてよく見てみると、トノバンさん、
縦ロゴのマーチン弾いてらっしゃる写真多いですね。


<< 冬のこだわられて果報者      今さら >>