2013年 05月 03日

今回のアルバムについて

アルバム発売に向けて色々と忙しくしております。
今回は何度も言うようですがセルフカバーということで、
今まで、より楽曲を伝えるために用いてきた打ち込みリズムトラック×生音の手法を意識的に一切封印して、
生音だけにこだわった。

ヒット曲を作ろうと足掻いた日々は今や遠く、よりニッチにより生々しく、より濃厚に。
服の擦れる音とか息使いもみんな聴こえる。
そんなリアルが売りの音源集となりました。
むしろ時代に合っているんだと思う。

ベストというとかなり区切り感が強い。
すぱっと10年と言ってしまえばそれでもいいんだけど、
まあ調べればすぐわかるし、せっかくブログだから字数も気にせずに考えてみると、

サンタラの結成10年てのはとっくに過ぎた。
結成といっても前身バンドがあってそこに田村が入ってきたり、
他のメンバーが辞めたりという流れだから曖昧だ。
いずれにしても過ぎた。

メジャーデビューは2004年の「バニラ」なので、よく言うところのメジャーデビュー10周年は来年だ。

High & Lowというミニアルバムが発売になったのがちょうど10年前、2003年5月28日。
つまり出したレーベルがバニラとはまた違うんだがマネージメントと契約して初の音源。
だから今年はこのアルバムから数えてDECADEということになります。

10年といえばそれはそれは色んなことが変わるはずなんだが、これが全然変わってない気がする。
実際変わってるんだろうが変化に気づいていないのかな?
気にしているひまがないのかな?

とりあえずアルバムのSPOTです。
(続く)


[PR]

by santarablog2 | 2013-05-03 18:37 | 日記 | Comments(2)
Commented by Nori at 2013-05-06 20:53 x
自分の仕事を振り返ってみても、
10年の間には色々あり、
進歩や学習もして(希望的観測)るはずで、
考え方とかも変わっていると思う反面、
本質は変わってない感じもしたりして…

どんどん、アルバムが歩き始めてますね♪
Commented at 2013-05-06 21:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< アルバムについて その2      CD完成する >>