サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 04日

北海道

渋谷duo大勢のみなさん、ありがとう。
関係者各位の熱い気持ちがうれしい夜でした。
これで当初予定のツアー日程を終えました。
9月末からの追加篇はまた変化を加えていくぜ。

北海道から帰って1日空いてすぐに渋谷だったので北海道の日記を書けておりませんでした。
時間軸に沿って北海道日記を書きます。

今回は旭川からスタートということで初めて旭川空港を使いました。
b0113846_019525.jpg

着陸寸前、旭川の町が見えました。
北海道の屋根は色とりどりできれいです。
b0113846_0172562.jpg

旭川は昨年来れなかったので2年ぶり。
でももう5度も来てるんです。
ありがたいよなあ。
また必ず来ます。
ジンギスカンでルービ飲んで、日本酒やワインが出始めぼちぼちヤバイ匂いがしてきたので
翌日のことも考えて退散・・・
大人だぜ。

翌日は朝から芦別へ。
芦別Dylanの30周年の野外イベント。
b0113846_026159.jpg

ね、いい感じでしょ?
我々早々に出演を終えライブを楽しみながら昼から飲んでいました。
地元の子どもにかなりしつこく絡まれた。
一応彼らには高校生ということにしておいた。
しつこく攻撃を仕掛けられました。
その後やつを撒いて裏の方でセッションの練習をしてましたら発見されて、
え?ギター弾けるの?なんてかなり引かれました。
戦意喪失したところで写真を押さえた。
b0113846_0282268.jpg

しかしその際スマホを見られてしまい、ゲームをやらせろと取られてしまった。
口で言っても聞かないので強奪して逃げ回りアンコールのセッションを終えて戻ったら
もういなくなっていた・・・なんだそりゃ。
そしてホテルで大打ち上げ宴会。
昼から飲んでいたので酩酊・絶頂・昏倒などを迎えることなく
全てを受け入れろという先輩の助言通り、親玉という濁り酒をやりながら
最後の最後Dylanのマスター&ママをどっちが部屋まで見送るかというところまでやって4:30頃就寝。

翌日の体調はさすがによくなかったが、名所があるとのことで連れて行ってもらった。
b0113846_0343080.jpg

その名も「青い池」
偶然できたんですって。
きれいでしょ。

その日のうちに札幌まで。
車中では旭川アーリータイムズのマスター、そしてみなさん、芦別Dylanのみなさん、芦別のスタッフのみなさんについてばかりを考えた。
今頃何してるだろう?とか、何を考えているだろうか?とか。
すでに里心を覚えたのか。まだ札幌を残しているのに。

翌日は昼からNORTH WAVEへ。
20周年を迎えたそうです。
ぼくたちが番組をしていたのが9年前。あっという間だね。

そして札幌くう。満員のお客さん。
今回のツアーで一番汗をかいたライブでした。
写真がない・・・
終ってぐったり来たが何かジャンクな物が食べたくなり
やきそば弁当と貢物のうにとサッポロクラシックとこれまた貢物の北の誉で打ち上げ。
これだべさ。

ああ, I miss Hokkaido
出会った皆さん今頃何してるだろう・・・?
[PR]

by santarablog2 | 2013-08-04 00:56 | 日記 | Comments(3)
Commented by Nori at 2013-08-04 20:29 x
北の大地だなぁ~
野外イベント、「野外でRat」を思い出しましたが、
溶けてバターになったかと思うほど暑かった…
芦別はさわやかだったのか?あちかったのか?

砂田さんは、サンタラは、
たくさんの街とたくさんの人の優しさでできているんですね。
だから砂田さんも優しいんですね。

Duo 、会場ぜんぶがサンタラ世界になって、よかったなぁぁ~♪
なんか、リズム感というのか心地良さというのか、
どんどんup しているように感じます~

けっして上から目線のコメントではありませんー
大御所さんへのコメントに苦労した砂田さんにならわかっていただけると信じ… ^^;
ライブの度によかったなぁって思うのです。
いっしょのみんなも、そう言います^^
Commented at 2013-08-04 20:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Nori at 2013-08-07 23:58 x
よかったねー、不安だったよね、ほっとしたね。
カマをちゃんと揃えてお行儀いいね ^^
もう、迷いこんじゃだめだよ~

DUO の一曲目、わかりませ~ん!
しかも、
「あたしの靴音で…」と、いい感じで廻っていたのが、
「ほ・し・ぞらっのっ」にとってかわられちゃったぢゃないですか~!


<< 8/2duo      北海道をあとにする >>