サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 08日

にわか関西人時代の終り

やしきたかじんが死んだ。 悲しい。

京都でライブハウスに出始めた頃、バイトしていたとある飲食店のマスターが見に来てくれた。
後日、ライブの感想として「歌は良かったけども、喋りをもっと勉強しなあかん。たかじんとまでは言わんけどもやなあ」と言った。 
そのマスターはお店のカラオケでよくたかじんの歌を歌っていた。 
そこで覚えた「東京」は今も十八番です。 

歌ももちろん、タレントとして。
今改めて見ると何とも人情派というか、話術も含めて 人間の素の部分が、それに時間を使うテレビ局も含め。 
全てが何ともほろ苦く優しい。



話の内容から言うと大したことではない。 
しかし、受けた恩を「死ぬまで」ハンバーガーを食べないと昇華する感じ。 
0:43あたりの美味しい「ハンバーガー」の表現力。話術。
一緒に泣くざこば師匠がまたいい。
飲んでるからか涙もろ過ぎる。



飲んで気分良くな って、結果思いっきり歌ってしまう感じ。
 
十代の終りに山梨から京都へ行って関西の文化に触れた。
失礼かもしれないが自分にとっては関西の、京都の忘れ形見だったのだ。 
次に関西に行ってたかじんさんはもういないんだ。
ぼくが関西人だった時代が終わってしまったみたいな気持ち。

[PR]

by santarablog2 | 2014-01-08 11:34 | 日記 | Comments(7)
Commented by Nori at 2014-01-08 12:44 x
びっくりしました。
私は関西に住んだことがないので、
あまりテレビで拝見することはなかったのですが。
その昔、「やしきたかじん」さんを初めて知ったのは、たぶん文字。
「やしきたか じん」さん? 「やしき たかじん」さん?
と思ったことを覚えてます(←失礼)
あとは、ガンダム(←ますます失礼)
”歯に衣着せぬ物言い”のベースにある人情とか優しさとか・・・
報道を見ていて、ほんとにみんなに愛されていた方なのだなぁと改めて思いました。

大滝詠一さんといい、なんかとても悲しい・・・
Commented at 2014-01-10 18:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by santarablog2 at 2014-01-12 13:22
ららら様

440店頭チケットについてご説明です。
1月10日16時ちょうどにお客さんがいらっしゃって1番~4番を売りました。
その時点で、お店の外に待っている方がいるのを確認せずにチケットを売ってしまった店側の確認不足だったとのことで、申し訳ありませんでした。
ライブ当日は整理番号1~6までを同時入場とさせていただきますので何卒よろしくお願いいたします。
Commented by お詫び at 2014-01-14 17:58 x
1~4番のチケットを買ったものです。
すみません、
待たれていた方がいらっしゃったことに
全く気付いていませんでした。
ごめんなさい。
当日、5~6番 →1~4番 の入場にしていただければと思います。
本当に申し訳ありませんでした。
Commented at 2014-01-14 18:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-14 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-19 18:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 1月後半の所感      2014年初書き >>