サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 06日

GOB

またしてもご無沙汰してしまった。
いやないやなゴールデンウィークがやっと終わりやがる。

アルバムがようやく工場へと進んだと思ったら、
急遽ZINE(マガジンのジン)という冊子を作ることになり、付録のCDの編集をずっとやっていた。
マジでもううちの録音システム何とかしなきゃいけないな。
原因不明のエラー出まくり。

今回はエッセイも書くということで、サンタラエッセイ担当はこれまで田村キョウコだったが、
一人一編ずつということになり、これも書き上げた。
先日ふとしたトラブルでライブ会場で頒布するフライヤーを手書きしたところ、
思いがけず好評いただき、自分でも気に入りこのエッセイも手書きにしよかな?などと。

なかなかほろ苦ないい感じの文が書けました。やればできるじゃないか。
冒頭の一文をご紹介しよう。
[ぼくのバンジョーは半分壊れていた]
おもしろそうな話じゃないか。
ぼくのバンジョーは半分壊れていた。ふむふむ、それで?
パパからもらったバンジョーがね、ドとレとミとファとソとラとシの音が出ないのか。
全部やないか。
ではお楽しみに…!
詳細など5/8に発表される予定です。
http://musicforlife.co.jp/lifework/1456/

何だかね、そういった手のかかることをやるのは面倒で時間がかかるけど、一番正確で早いかもしれない。
みなさまにお見せするあれやこれやもだんだんそういうものが増えていくんでしょう。

そういえば1週間くらいギターを触ってない気がする。
もう弾けなくなってたりして…
b0113846_202019.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2014-05-06 11:43 | 日記 | Comments(1)
Commented by Nori at 2014-05-06 14:23 x
サラリー(ウー)マンとしては、
あー、お休みも終わりか…って感じですが^^;

手書き、よかったですよ~
体温があるっていうのか。

1日さぼると自分がわかる。
2日さぼると師匠がわかる。
3日さぼると観客がわかる。
きゃーーー!


<< 日差しが凶暴      4月半ばやることたくさんある >>