サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 30日

Myヤイリ、Again

ギターを探し歩くのは楽しいが骨が折れる。
このツアーから帰って、ましてや2週間後にはステージに上げなければいけないとなれば、かなりなプレッシャーだ。

憧れのギターを買うのはいいが、前回書いたような昨今の事情もあり、ただ欲しいギターを手に入れるのはちょっと違うのではないか、と思い始めていたし。

そんな時に代理ギターのご提示をくれたヤイリギター。
まさに地獄で仏。
不躾ながらギターの条件を様々要望しておいた。

11月20日午後、京都からの帰りに寄ったヤイリ本社で出されたギターはこれ。
b0113846_17431318.jpg

ブレイシング軽量化のサンプルで作られ、3年間しまわれていたギターだそうで全く鳴らない。
こういう最近のアイデア、便利化志向をこらすのはメーカーの常でそれは仕方ない。
いい時もあるだろうけど。

しかも、付属しているシステムもちょっと苦手な某メーカーのそれ。
ラインを繋いで音を出してみたところうーん、こりゃ困った、あんまり好きじゃないタイプ…
でももう選択肢はないし、2週間朝から晩までしばき倒して、何とか調教しよう。
あとはおれのJ50を調整したDog Ear Guitars(工房)のマジックハンド頼りだ。
どうにもならなければレンタルか?
ということで、結論は後回しにして自宅へ持ち帰る。

11月21日夕方
いつものようにそのギターを谷口楽器へ持ち込み、経由してDog Ear Guitarsに調整をお願いした。

11月22日の朝早く
谷口楽器の看板娘からモーニングコールが。(彼女は昨日は店にいなかった)
「あのギターを使うの?それならピックアップ変えないと!砂田くんの音じゃないよ!」
「もうちょっと合うやつないかあたしがヤイリに聞いてあげるから。ちょっと待ってて」
おお~、出た!
おれよりおれの好みを知ってるじゃないか。
すると午後一、今度はヤイリ担当者から連絡が来た。
「もう一本今からすぐ送ります。明日午後には届きます。
弾き比べて好みの方を使ってください。どんなふうに改造してくださっても結構です!」
お~出た出た!すぐに送ってくれ!
おれのギターのための総力戦。
こういう話におれが弱いの知ってるかのようだ。

11月23日夕方、
ヤイリから谷口に届いたギターと前々日預けたギターを弾き比べに行った。
Martin D41を模したモデル。
b0113846_1853952.jpg

オーソドックスな昔ながらの作りの純生ギターにフィッシュマンが付いている。

ちょっと待て、41と言えばスタジオでいつも弾いてるギターじゃないか。
モノは違うが確かにその感じあるじゃん、さすがヤイリ!
もう言うまでもなかった。

何から何まで新しいギターの方が好み!
ようわかってあるな、みなさん。
こうしてこのギターはおれの手元にやってきた。人生4本目のKヤイリ。
J50の修理も何とかなりそうだ。

みなさんが必死に融通をしてくれたギターで今週末からの
京都、東京はやるよ!

会場限定販売のDVDも完成したよ!
b0113846_19224071.jpg


毎年恒例2014~あばよ10周年
【DVD限定販売決定!】

■12/6(土)京都 磔磔
■12/14(日)渋谷 B.Y.G

詳細はこちらから



[PR]

by santarablog2 | 2014-11-30 19:25 | 日記 | Comments(2)
Commented by Nori at 2014-12-02 00:02 x
ほんとに総力戦ですねー
いきさつをきいていると、
みなさん、いろいろ尽力して下さって。
こんな短期間に、
「きみに決めた!」って言えるギターに出会えて、
(出会わせていただいて)
よかったですね!!
Commented at 2014-12-12 01:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< きつい      近年のアコギター事情 >>