2015年 04月 04日

頑固野郎

ドラえもん、サザエさんのテレビアニメはきっと生まれる前からやってる。
ちびまる子ちゃんは小学生の頃に始まったのかな?

今も続くこの三本、時代考証は厳しい。
どれも昭和が舞台で、メインターゲットは今の子供なわけでしょ?
大人が過ぎ去った日々を懐かしんで見るというのが狙いならいいけど、今の子供が見ると細部にたくさんの認知不可能なことや矛盾があるだろうな。
どれも好きだからテレビをつけてやってれば個人的には見るが、
声優が亡くなったり変わったり、何よりちびまる子ちゃん以外は原作者が亡くなってるんだから、アニメスタッフが無理やり現代風のあらすじを四苦八苦して組み立てるぐらいなら
新しく親しまれるアニメ作ればいいじゃん。

テレビCMで流れる音楽もそう、その曲確かに懐かしいけどさ、名曲だけどさ、
その頃の想い出も加算されて涙モノだけどさ、
新しい今の音楽を使う勇気は少しもないのか。
ちょっと探してみたら?
[PR]

by santarablog2 | 2015-04-04 22:30 | 日記 | Comments(1)
Commented by Nori at 2015-04-06 02:43 x
いい加減そーとーいいオトナである私ですが、
フネさんの年齢はショウゲキ… ^^;
今の子供はどんな感覚で見ているのでしょうか、
もはやわかりません。。。

20年後、30年後に残るのは曲は何かなぁ?
ということは時々考えます。
人のこころの奥底にあるものは、
きっとずっとそんなに変わらない。


<< 中原中也のご縁      続々と >>