2016年 03月 12日

あの日

あの日は1日中自宅作業していて、
ふと手を休め机から立ち上がったところですごく揺れたのだった。

水槽の水はこぼれ、CDは棚からバラバラと落ちた。
テレビを点けてニュースを見ながら片付けていたら、東北の様子がまさにリアルタイムに映し出された。
ニュースで言っているとおり、その地方の人に連絡を取ることは我慢して、
夕方になってから都心にいるだろう人の様子を伺って避難所の情報を流したりした。
とにかく何もできることはなくて、今できる自分のことを懸命に。
数日は気持ちが落ち着かなかったけど、だんだんと。
それがヒトなんだろうと思った。
そして、その夏初めて東北ツアーに行ったんだな。

あれから5年というと長いけど、自分にとってはあまりに短く相変わらず。
でもそこにやはり感謝しなければいけないと思うのです。

b0113846_0315766.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2016-03-12 00:32 | 日記 | Comments(1)
Commented by Nori at 2016-03-15 01:19 x
あの日は会社で仕事をしていて一息ついて、
コーヒーを淹れて席に戻り、座ったと同時に
ゆらぁっと世界が揺れました。
ケータイはつながらず、東北の情報も知らず、
2時間歩いて帰りながら、まだピンとこなくて。
家に着いたら色々なものが落ちていて、
時計が飛んで電池が外れ、揺れた時刻でとまっていました。
そのあとテレビで津波を知って。
落ち着かない気持ちは時とともに収まったけれど、
あの時の感覚は、時の流れに乗らないでそのままとり残されてる。

ギター…ですね。


<< アルバムのジャケットイラスト募集      下北も終わる >>