サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 28日

ツアー日記その3

アルバムは一般発売になり、東北ツアーも終わったのに、日記はまだまだ7月前半。

7/5~7
3週間ぶりの帰宅。
植物たちは思ったより元気だったが、パッと見、ほっとかれた感がすごく出てる。
毎日世話して次に出かけるまでに本調子に戻ってほしい。
この他野暮用いろいろ。
一般流通用のCD納品、関係者へサンプル発送、資料訂正、加奈崎さんとTELなど。
ほんとあっという間に時間が過ぎた。
b0113846_23172246.jpg

7/8 大阪
キャンペーンの甲斐あってチケットの売れ行きが伸びた。とのこと。
キャンペーンの努力の成果ではなく、関係者各位のお力で。だと言いたい。
サウンドチェック。
2本のギターを使い分けようと思っていたが、どうも調整から帰ってきたばかりの方の具合がおかしい。
弾き心地はよくなったんだが、ある弦の音がほとんど出ない。
つまりラインのバランスが悪いという状況。
使えない…これには落ち込んだ。
仕方ないからギター1本でやった。
大阪の会場は今回のツアーの中では大きい方だが、お客さんが聴き入り、
曲が終わって緊張が解けるというのがよくわかる。そんな素敵な経験でした。
終演後、雨になった。
アロマオイルがよく売れてた。
ライブがよかったらグッズも売れるのさ。そう信じてる。
ばか騒ぎはやめにしてひっそりと軽く飲む。
ギターの問題は明日に持ち越し。
b0113846_23175337.jpg

7/9 岡山
岡山に近づきだんだんと晴れて暑くなってくる。
とにかくギターを何とかせねば。
しかしおれはついている。
岡山には以前はローディ―も務めてくれたギター相談役Mさんがサウンドチェックに来てくれるのだ。
経緯を話して音を聴いてもらう。
おかしいでしょ?>おかしいね。
今治る?>無理だね
やっぱりね!!一瞬にして工房送りとなる。

前夜のMO:GLAはフォークの神様、岡林信康さんのライブだったそう。
実は今回のツアーセットリストに「自由への長い旅」が候補で入っていたのだ。
前の日にここでやっていた人の曲をおれが歌って何の意味があるのか?
だが、ここでやらなきゃ一生やる機会もないかもしれないのでアンコールで急遽歌う。
b0113846_23214584.jpg

b0113846_23212892.jpg

7/10 出雲
快晴。岡山から日本海方向に進む。
岡山県高梁というところは博のお父さんの故郷。(寅さんの話)
SAには観光協会のいい男がいて「天空の城もぜひ一度見て行って下さい!」とおれを誘う。
見たいなあ。でも今日はムリ。ショウに間に合わなくなるべ?
出雲着。人生初の山陰。
とてもきれいな街だ。未使用感がある。だが歴史は半端じゃねえ。
会場着。
おっとPAがねえ。連絡ミスだ。言っとくがおれのミスじゃないぜ?
まあいいや、ちょっとサービスだがアンプラグドでやるべ。全然OK。
お客さんに伝わってる感じがまたしてもはんぱねえ。
終わって会場のオーナーK氏らに飲みに連れてってもらう。
2軒目の店では参院選の開票パブリックビューイングを開催中。
飲み物オーダーして、一口飲んで安倍の顔が嫌過ぎてふて寝してしまった…
さざえ食べれなくて残念。
きっとまた来る出雲。
b0113846_23335726.jpg


つづく
[PR]

by santarablog2 | 2016-07-28 23:40 | 日記 | Comments(2)
Commented at 2016-08-15 22:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Nori at 2016-08-24 12:59 x
サンタラ仲間のひとりの実家が、出雲に近いのです。
都合が合わず、行きたかった~、と叫んで?ました^^;
きっとまた来てください、出雲。

急遽アンプラグドになるなんで、
なんか、実は昔からなんかの力でわかってたのか、
なんかすごいな~


<< ツアー日記その4      ツアー日記その2 >>