2008年 08月 13日

久々の虫日記

ジグモである。
木や岩の根元に沿って細長い10cm強の管状の巣を張り、自らは地中で獲物がかかるのをじっと待っている。
この白い部分がそうです。
b0113846_13483735.jpg


うまいこと巣を引っ張り出せば中にひそんでいる彼とご対面できるのだが、
やつは振動に敏感、獲物以外だと察知すると、巣の底を切り、脱出してしまう。

なので地蜘蛛の巣破りにはかなり微妙な指先のテクニックが要求される。
まさに約20年ぶりにやってみたところ、さすが地蜘蛛採り名人。
ちゃんとご対面できた。
b0113846_13492029.jpg


「ジグモ」というサウンドもいいし、
小豆のような色、質感、デザインともに明らかに他種のクモよりかわいい&魅力的。

しかし去年あれだけ見たセミ今年はあんまり見ないなあ。
鳴き声すらそんなに聴かない気がする。
やはり七年単位で周期があるんだろうかね。
[PR]

by santarablog2 | 2008-08-13 13:51 | 日記 | Comments(4)
Commented by norinori at 2008-08-13 19:19 x
そーそー!!セミの鳴き声しないよね~!!
Commented by 瑞華 at 2008-08-13 21:31 x
さすがです!
ジグモですか。
勉強になります。

都内ではあまりセミがいないんですかね。。。
川を渡ったお隣の県の我が家の近所はけっこういます。
でも、去年よりは少ないような・・・

昨日は2匹捕まえました。
バタバタうるさいのをやっと怖がらずに触れるようになりました。
Commented by Dramatic Bakery at 2008-08-15 10:39 x
街路樹のセミを頑張って捕まえようとしてるちびっ子を見ると日本の将来がちょっと明るく感じられます。
Commented by マロミ at 2008-08-16 20:55 x
やっぱりかわいいのかな~?・・・


<< 水は大切に      PHOTO REPORT >>