サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

最近

昨日一昨日と東京はわりと過ごし易く、
けど各地では大雨被害のニュースもあったり、
ナイフを持ち出す人が多かったり、
ほんとうに何が起こるか分かりません。
気をつけようったって気をつけようがないしね・・・

昨日も今日も家でせっせとdemoを作っていました。
夕方は近所を散歩。
団扇のようなサボテンが庭にある家があって
根元がこのようにウサギさんみたいでした。
b0113846_22364882.jpg

(この画像が載せたかっただけの今日のブログ)


あとは今週末に迫ったCLUB BASEMENTの練習=イメトレね。
いい感じになると思うのでぜひ見に来てちょう。
[PR]

by santarablog2 | 2008-07-30 22:47 | 日記 | Comments(4)
2008年 07月 28日

久々の社会派

土曜日のライブ、来てくれた人聴いてくれた人、本当にどうもありがとう。
ステージにもエアコンの風が来るありがたいライブハウスでした。

先日久々に自転車を撤去されていた。
ちょっとしたミーティングをしていたんだが、その場所が駅前だったのだ。
息苦しい幹線道路を徒歩で収監場所に行き、
いつもの数倍は愛おしく見えるマイチャリを探し出し、
おとなしく3000円を払ったところで管理人が一言。

「昨日もおとついも(撤去作業を)やったんですよ。気をつけてくださいね。」
わかり易く喧嘩を売られたもんだ。
銭とった上に追い討ちかい?
その後のことは割愛。

まあ、おれが何を言おうが変わらないんだろうってのはわかっちゃいるけど
彼ら、その肩書きは打ち捨ててここまで来てから話してみなよってことですよ。
なんちゃってーー!
はいはい、暑いからって頭にきちゃいけませんよ。
[PR]

by santarablog2 | 2008-07-28 01:58 | 日記 | Comments(4)
2008年 07月 24日

耐え忍ぶ夏

夏が苦手になってきたのは歳のせいじゃない!
暑過ぎるんだ、近年が。東京が。

今日も日中用たしに外出してみたが、とても無理。
長袖、帽子が必要、と思い戻ったが、もう一度外に出る気にはとてもならず、
漸く陽射しも緩んできたから再出発しようと思ったところ、すでに夕方5時半。
これでは銀行も郵便局も役所も閉まっている…。
there ain't no cure for the summertime blues
とはよく言ったもんだ。そういう意味ではないだろうけどね。
溶けちまうぜ。

さて、今週来週に迫った渋谷でのライブ2本。
暑いと思うけど日没後だし、どちらも土曜日だからぜひ来てくれよ。
あ、今日はボーカルの誕生日だな。
みんなおめでとうを言ってやってくれよ、
アデュウ。

b0113846_849103.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2008-07-24 08:49 | 日記 | Comments(6)
2008年 07月 17日

出会うとドキッとするもの

東京は暑いですよ。
ビールが美味いのはいいんだけど、日中は外に出る気がしません。
でも日中のうちに済ませなければいけない用もあるので外出することもあります。

すると最近では、
ふと路地の曲がり角から、こんなお面をつけたご婦人が自転車に乗って現れることが少なくありません。
b0113846_2138210.jpg

これが恐ろしいんですよ。

一昨年、インドへ行った時もそうでした。
イスラム教信者のご婦人は夫以外の男性に肌を見せないという風習のため、
真っ黒のマントを頭まで被り、ついでに口まで隠して、表に出ているのは目だけです。
b0113846_21383628.jpg

時には目にもシースルーの布をかけて、真っ黒が歩いているような人もいました。
なに!?なに!???っていう感じ。
「しむらーうしろーー!」ぎゃああーー!みたいな。

なぜ顔を隠している人がこんなに怖いんだろう。
覚えていないけど幼い頃のトラウマがあるんだろうか?
映画「グリーンマイル」の死刑執行の時もこんなの付けられてたってのもあるか?
[PR]

by santarablog2 | 2008-07-17 21:41 | 日記 | Comments(5)
2008年 07月 13日

ナミテントウ

b0113846_1943521.jpg

一般的な赤地に黒点7つのナナホシテントウの色を反転させ
さらに星は男らしく2つ。(半身しか写ってないけど)

こっちの方がハードボイルドな印象。
ナナホシテントウが「てんとう虫のサンバ」なら
こっちは「てんとう虫のジルバ」
b0113846_127753.jpg

睨んでる。

ちなみに先日の撮影で見つけたので
しつこくせがんでのりのりに撮ってもらった。
PHOTO BY猪瀬紀子というわけ。

矢島稔の「昆虫ノート」という昆虫の写真と説明で構成されている本があって
たぶん小学生のころに読んだのだが
それのようにいつかは自分の撮った昆虫の写真と文章で本を作りたい。
[PR]

by santarablog2 | 2008-07-13 19:05 | 日記 | Comments(5)
2008年 07月 09日

逗子でのライブ無事終えました。
来てくれた人、ありがとう。
間を作った瞬間に波の音が差し込まれ、
客席は床が砂浜のままだからか音もよく気持ちよく演奏できました。

あちらの方の海に行ったのは
何年か前、鎌倉FMさんが呼んでくれて番組出演に行って以来かな?

日本の海岸という感じがよかった。
海辺の生き物と戯れたのも楽しかった。

b0113846_23192080.jpg

ヒトデ
b0113846_23194321.jpg

シャレコウベのような珊瑚?の欠片
b0113846_23201869.jpg

固まって流されまいとする貝たち。
(やらせではない。生きている。)

さて、OFFICIALの方を見ていただくと分かるとおり、9月まで各地で続々とライブが決まっております。
このブログの左側の欄にも載せてますが、すでにスペースの関係上かつかつ、
非常に水来場対、いや見づらい状態。
なのでブログは日付と場所だけにしときますね。
自力で調べて見に来てください。
便利な世の中、メール予約というのも多用してますからね。
お見逃しなく。
[PR]

by santarablog2 | 2008-07-09 23:24 | 日記 | Comments(5)
2008年 07月 08日

高等遊民

b0113846_18183181.jpg

ドラえもんが好きだということは前も書いたと思うが、
コンビニで廉価版を買ってきては読む。

ふと考えたのだが、ドラえもんを初めて読んだのはのび太よりも年下の時。
のび太と同年齢になっても読み続け、
今やストーリーの中で出てくる大人になったのび太の年さえも追い越して、それでも違和感なく読んでいる。

もしかしたらおれは相当やばいんじゃないだろうか。

大人が、それも藤子先生のような頭のいい方が想像している子供だから仕方ないのか。

ちなみにスネ夫には養子に出された双子の弟スネツグというのがいる。
とかね、新たな発見もあってこう寝苦しい夜になってくると
これはもってこいなんですよ。

明日は逗子でやらかします。
海辺だからな、また水ぶくれにならないように気をつけよう。
ちょっと時間は早いけど明るいうちから海見ながらビール飲んで音楽聞くってのは高等遊民気分。
ユーミンってのはそこから来てるんだよ。(ウソ)
挙って遊びに来てね。
[PR]

by santarablog2 | 2008-07-08 18:18 | 日記 | Comments(1)
2008年 07月 04日

もう~!

ちとマニアックな話題だが今日は勘弁してくれ。

ここ数年、この時季は家でDEMO録りということに決まっている。

しかしこういう高温多湿っぷりはやっぱり楽器、機材にとっては具合がよくないんである。
スタジオのようにちゃんと除湿が行き届いていればいいのだが、自宅ではそうもいかず
特に生ギターはチューニングも狂いやすくなるし、弦も錆びやすい。
古いギターなどは表面塗装が変質してつや消しのようになってすべりが悪くなる。

おれなど大体は気合いで弾いてるので多少すべりが悪かろうが、触ってる感じが普段と違おうが、
見てみぬふりで、おりゃーとかやっていたら、左手に水ぶくれをつくってしまった。
おれとしたことが情けないぜ。
というかこのギター、持ち主の俺様に逆らうとはな・・・
ふっ、上等じゃねえか。
b0113846_1835145.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2008-07-04 18:45 | 日記 | Comments(5)