<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 29日

2013年のまとめ

2013年明けてすぐにバンジョーを手に入れた。
思い出せばこの頃からすでに新たなレコーディングの構想をしてたのかな?
まだPORTRAITのレコーディングも終わっていなかったのに。

2月には加奈崎芳太郎さんと3年ぶりにいっしょにライブ。
いい感じになりました。
その直後人生初のインフルエンザ感染。
でも普通の風邪より楽だったような。

そして6月に新緑ベストアルバムPORTRAITリリース、ツアー。
ツアーは5月から8月まで全14本。
所属事務所であったパームビーチを失くして早5年。
その中でまたいろんな繋がりの終りと、また始まりとを感じたツアーでした。

9月にはマークfrom GAROがリリース。
2年越しのプロジェクト。
憧れていたものに当方も認識していただいた上で巡り合えるというのは役得ではありますが、
以前は少し躊躇するような気持ちもあったりしたなあ。
貴重な体験でした。

9月末からはツアーの続きを。
ついにバンジョーをステージ上へ持ち出した。
中国道で車がパンク。
ああ、まさかなあ。
そして憧れのタガメと遭遇。
来年もまた見に行く!
福岡西新では完全アンプラグド、生音、生声でのライブ。
これも貴重だったなあ。
10月に入ってもいつまでも暑くこれには参った、というか無力な人間という感じ。

11月からはまたレコーディングを開始。
本当は贅沢なレコーディングなどできる成績とはいえないわけだが、
協力してくれる関係者のおかげです。

来年のことも色々決まり始め、これとあれはしなければ!というタスクなども多々あり
自分で勝手にあくせくと過ごすことでしょう。
ではみなさん、よいお年を。

[PR]

by santarablog2 | 2013-12-29 15:08 | 日記 | Comments(1)
2013年 12月 26日

レコーディング総括

年内最後のスタジオを終え、気付けば外仕事ほぼ納めだったことだなあ。
今回のレコーディングは割と明確なイメージをもって始まり、昨日までに上がった4曲を聴いているとかなりよい。

今まで何度となくこういった場で自画自賛を繰り返してきたので珍しくもないかもしれないが、
そうだなあ、UPSIDE DOWNを作った時のような感じかなあ?
曲が似ているというわけではないよ。
一曲に詰まった濃さとみんなで作り上げた音の一致と、サンタラの特異性が、あるいはかつてないでしょう。
年明けももちろん制作続きます。
ぜひご期待下さい。
さて、それでは溜まった忘年会をバシバシこなしますかな!
b0113846_10384179.jpg
b0113846_10384996.jpg


[PR]

by santarablog2 | 2013-12-26 10:40 | 日記 | Comments(1)
2013年 12月 22日

甲州弁「て」

ドラマを見ていなかったぼくでも「じぇじぇ」という言葉が流行っていたことは知っている。
何となく使い方もわかる。ような気がする。
使ってみたくさえなるが、やはりドラマを見ていなかった者が使うのも気が引けて使わない。

来年はこのNHKの朝ドラ、我がふるさと山梨が舞台になるそうで、

ぜひ「じぇじぇ」に対抗して「て!」が流行らないかと期待している。
これは甲州弁の中でもレベルが高く、同世代が使っているのはまず聞いたことがないが、
昭和20年代生まれまでの方々はかなりの頻度で使う。
驚き褒める意味。
これはすごい、型破りだな。というようなニュアンスもこもっている。

「んてっ!」くらいの勢い。
驚いた後、さらに続く相手のとんでも話の相槌として、「てててて…」という言い方もある。
人によっては「ででで…」に変化する場合もある。
「昨日宝くじ当たってレクサスを買っただよ」
「て!」
「しかも帰りにぶつけただよ」
「ててて…」
こんな感じ。

あんまりいい用例が思いつけないところで
スタジオへ行きましょう。

[PR]

by santarablog2 | 2013-12-22 12:04 | 日記 | Comments(2)
2013年 12月 08日

2013ライブおさめ

昨夜の甲府KING RAT、2013年ファイナル。
盛況でした、ありがとうございました。
地元とは言え、最もたくさんライブをやったハコとは言え、
東京から90分とは言え、かと言ってどこに標準があるわけでもないが、
やはり甲府にも独特なお客さんの気質があるような気がしてきています。
ま、その辺も踏まえながらまた来年・・・ですかな!
ありがとう、甲府。

前回も書いたようにやはり夜になってからの冷え込みは厳しいね。
星がとてもきれいでした。
水も美味しかったし、柔らかかった。
やはり僕にとってはかけがえのない町。
[PR]

by santarablog2 | 2013-12-08 21:07 | 日記 | Comments(2)
2013年 12月 05日

レコーディング~2013年ファイナル

粛々とレコーディングを進めています。
録音は何度やっても迷いが生じ、時間がかかる。
「胆力」がほしいと思います。
言っても身に付くものではないのはわかっていますが
思い切りよく、大胆に、周りを常に見渡して、そして諦めもよろしいと。
が、しかしブースで一人になるとそうはいかないものです。
この片づけられない感じが物語っているでしょ?
b0113846_147669.jpg

が、しかし!ゆっくりとですがいい感じに進んでいますよ!
お楽しみにしてください。

今週末は今年最後の飛び石ライブ。
IN甲府。私の地元です。
先日のラジオでも話しましたが、
7月にツアーで甲府やった時にMCの中で東京のライブに触れたら
楽屋にデラウェア(ぶどう)がドサっと届いたので恩返しと言ったら失礼ですが、
やります。

以前はレコーディングとライブの行き来は感覚的にスイッチが大変だと感じていたのですが、
昨日スタジオ明けにリハしたら、何というか解き放たれた感じがよくって自身もライブ楽しみです。
東京からわずか90分の我が地元甲府。
この時期だと最高気温は東京と大体同じですが、最低気温は5℃くらい違います。

あ、そう6月にリリースしました「PORTRAIT」の初回特典引換はこのライブをもって終了です。
http://www.santara.jp/pg160.html
個人的には2002年に録音したバニラとR70は今聴くと何とも狂おしい気持ちになる音源です。
お見逃しなきよう。
b0113846_1473069.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2013-12-05 14:08 | 日記 | Comments(1)