サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 28日

西日本

西日本ツアー廻っています。
名古屋、大阪、その後何故か長野。
と微妙に効率のよくない動きをしましたが静養して元気です。

肝心のツアー内容ですが、みなさんの熱いメッセージとともに
こちらにレポートが掲載されていますのでご覧下さい。
この後も続々上がっていく予定です。
http://musicforlife.co.jp/neighbor/201408/roadstory.html

年々ひどくなる夏を東京で過ごしたくないという思いから
今年のツアーは真夏を選んだつもりでしたが、どうやら東京は
秋になってしまったようですね。
過ごし易い季節は自宅にいたかった…ような・・・
それではライブ会場でお会いしましょう。
b0113846_16254375.jpg





[PR]

by santarablog2 | 2014-08-28 16:26 | 日記 | Comments(1)
2014年 08月 16日

アーティスト業の心得

初めてこういう感覚を味わったのは小学生の頃。
近所のこども会の行事でスキーに行った時。
まだ暗いうちに近所の公会堂のような処に集合し、出発。
スキー場で一日遊んで、夜に同じ公会堂まで帰って解散。
つまり日帰り。
すごく変な感じだったのを覚えてる。
楽しかったあのスキー場は夢だったのか?みたいな。

その後、デビューしてからまたそんな感覚を味わうことになる。
朝自宅を出て、遠い街へ行く。
一日その街で、ラジオに出たり取材を受けたり、人に会ったり演奏したり
地元の人と一緒にごはんを食べたり笑ったりして、その街に泊まったとしても
翌朝はまた次の街へ。
これを何度か繰り返して自宅へ帰る。
心の中の感情が何分割にもなって各街に置き去りにして、身体だけが帰ってきた感じ。

昨日は大阪日帰りで昼過ぎに自宅を出て0時頃帰宅した。
大阪でのスタッフとも会って話して、笑って
出演したのは公開放送でたくさんの人が来てくれて、顔も見えて、
笑って会話もあって、
ありがとう、さよならまた来週ー。と手を振って別れたのだが、
自宅まで帰るとほっとする反面、これでよかったのだろうか?
気持ちが伝わってないんではないか?
とかモヤモヤしてくる。

この「ありがとう、さよならまた来週!」は心の底からなのだよ。
と言っておきたい。
b0113846_1419062.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2014-08-16 14:19 | 日記 | Comments(3)
2014年 08月 11日

夏ってなに?

ここにも再三書いてきたが、20代半ばくらいまでは全ての季節は夏のためにあると、
それ以外の季節は夏のための準備期間だと、そう思って疑わなかったが今や最もお呼びでない、恐ろしい季節になってしまった。
だって危険な暑さ、一日の短さ、スコール、落雷、台風って夏だっけ?、雹なんかもね。
年々なってるんですよ?
地球は生きてるってことですね。

ツアーと銘打っての2本を終え絶妙に3週間空いています。
この手持ち無沙汰はすごいね。
こんなの初めて。
何か言い訳にはちょうどいいんだけど。

最近家で聴く音楽。
結局10代から20代にかけて聞いていたものは思い出と総和されて大きく大きくなって逃れられなくなってる。
サウンドには流行り廃りがあるので、リアルタイムで聴いていたものは特に。
中域にかかっているリバーブ具合とか、シンセベースとか。
うるっと来ちゃう。
今で言うとピッチシフターのボーカルのケロケロ具合とかそうなるのかなあ?
あんまり聴かないからならねえか。

ドラえもんの新作映画ができると言うが、藤子F不二雄先生が亡くなって…
あ、この話はまた次回にしよう。

あーおれもちゃんと頑固親父になれる自信が出てきたぜ。

けーろけーろ、オチなし。
おしまい。

b0113846_18232110.jpg

台風余波の中のスーパームーン
b0113846_18233493.jpg

余波
[PR]

by santarablog2 | 2014-08-11 18:25 | 日記 | Comments(2)
2014年 08月 05日

ツアー二本目、東京duo

ツアーの2本目で東京というのもなかなか珍しい。
1年ぶりのduo、ご来場のみなさまありがとうございました。
b0113846_23595573.jpg


2本目にして早くも固まってきた感ありました。
固まるとやってる方としては飽きるので少しまた変化を加えるでしょう。

3週間ほど休んで西日本編です。
待っててね‼
[PR]

by santarablog2 | 2014-08-05 00:00 | 日記 | Comments(1)