サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 29日

ギタレレのこと

生音シリーズ途中からギタレレを使い始めたが、
それを見て4人の人からギタレレを購入の報告があった、ぼくの耳に入った限りでは。
ということはもう少しいるのかもしれない。
b0113846_12522059.jpg

ギタレレはギターとウクレレの中間という意味合いでしょう。
メーカーはYAMAHA。
普通のギターの5フレットにカポをした状態。
または、ウクレレに低い弦2本を付け加えた状態の楽器ともいえる。

スチール弦のギターと違って、クラシックギターを小さくした構造。
つまり弦はナイロン製。ガット弦ともいう。
これが何ともいい。
穴に通して結ぶんですよ。原始的。
この動画なんて最高です。
カサカサという雑音。実演しているおじさんもまたいい。
お時間ある方は見てみて下さい。


ライブでゴッドファーザーのテーマを弾いていたら、タブ譜はどこにあるんですか?とも訊かれたな。
そんなもんありませんよ。まあ探せばあるかもしれないが。
メロディを覚えたらコードをつけてみて、コードフォームの中+1音か2音で
メロディを弾くわけです。
え?わからない?じゃあここに音を載せておきます。
http://hibari.nana-music.com/w/player/009134c4/

ギタレレは確かに手軽に見えるだろう、がしかし。
いつもギターを弾いている人でも
弦のテンションも高いし、ボディが小さいからちゃんと抱けない→ちゃんと殴れない。
演奏に使おうと思ったらそれはそれで慣れが必要だと思いますよ。

来週のファイナルで使ってギタレレしばらくはお休みにすると思います。
b0113846_1251339.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2015-07-29 12:56 | 日記 | Comments(2)
2015年 07月 23日

東北から帰ってきてお知らせ

東北3本やって帰ってきました。
仙台、能代、山形。
今年も会いたい人に会い、
見たい顔を見て、帰ってきてちょっぴり寂しい気持ちです。
関東は東北にいる間に梅雨明けしたんですね。
帰りは暑かった…

ライブの内容は10月のPLUGGEDに向けて、いい感じに混ざり合いました。
UNPLUGGEDシリーズを無事に終わり、これから10月に向けて…などとこの前ビデオで言いましたら
え?また見れてないんですけど?というご意見が来た。
さもありなん。
東京は2回とも、大阪は京都も含めると3回ともSOLDOUTだったのだから。
これを真摯に受けとめ、急遽8月に大阪、東京でもう1本ずつやることにしたよ。

100% UNPLUGGED MUSIC”FINAL"
8/5 大阪 cafe Room
8/9 下北沢 空飛ぶこぶたや

予約受付中。

そう、前述のビデオコメントはしばらく休みます。
ツアーに出ても評判よく、楽しみにしてくれてる人も多かったみたいだけど。

それでは!写真。
b0113846_15135661.jpg

b0113846_15134758.jpg

b0113846_1514724.jpg

b0113846_15141294.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2015-07-23 15:16 | 日記 | Comments(1)
2015年 07月 13日

コウモリのいやなところ

Twitter等で書いたが、自宅マンションの共用部に3日連続でコウモリが現れた。
b0113846_23181344.jpg

b0113846_23184018.jpg

b0113846_23185627.jpg

どれも床に近いところにへばりついていたので、元気がなかったんだろう。
3匹目は朝になったら掃除のオジサンがほうきを使ってビニール袋に入れてどっか持って行ってしまった。
きーきー鳴いてた…

しかしコウモリは間近で見ると何とも言えない魅力がある。
サムイボが立つくらい。
触ったりかわいがったり目を合わせたりなんて絶対無理だけど、
それでも何度も様子を観に行ってしまった。
でもやっぱりむり。むり。むり!
その理由を書きましょう。

・頭部が鳥類と違って独立した顔。

・耳がとがってる(ねこも犬もとがってるか)

・口を開くと歯が並んでいる(それも小さな歯が何本も見える)
b0113846_23193852.jpg

(画像は虫つれづれ@対馬ブログより拝借)

・ぶた鼻。

・総じて、本能以外の何かしらの意思とか感情を持っていそう。
(ちなみに今回ナマで顔を見たわけではないが、ネットで調べていていっぱい見てしまった)
b0113846_23202052.jpg

(画像は東工大 岡田研究室 -系統班-より拝借)

・手(指?)が伸びて羽根になっている。羽根ではなく「手膜」というそうだ。
しかもそこに血管が透けて見える。
(これも実際に見たわけではない)

・足の指。黒いクセにちょっと人間みたいな形、皮膚の感じ。

・這いつくばると腕が(指?)が変なところで曲がってしまい、不器用な動きをする。
それが畸形を連想させる。
b0113846_2322876.jpg

(丸尾末広「少女椿」より)

・哺乳類である。もし鳥類のように卵を産むのだったらどんなに気持ち悪い卵だろう…

・全貌がマントを羽織ったかかしみたい。
しかもマントが撥水加工ぽい。

・毛が黒いところ。しかも薄い部分がありそこから意外にきれいな皮膚が見える。

あー書いていて気持ち悪い。このPCももうちょっと気持ち悪い。
汚れた。

※閲覧注意です。


※お口直しに。


でもコウモリって益獣で殺処分は原則禁止だそうです。
また来て、掃除のオジサンが袋に入れようとしたら警告したろ。
[PR]

by santarablog2 | 2015-07-13 23:29 | 生き物 | Comments(1)
2015年 07月 07日

酒游舘完全生音祭り

さて、翌日は近江八幡酒游舘完全生音祭り。
この会場のある一角は古い町並みで、駅から歩くと突然その街並が始まり、
ある種エンタテインメントです。
そしてこの薄暗い酒蔵。時が止まってます。

酒游舘も昨年11月のガロ井戸ツアーぶり。
b0113846_21553589.jpg

http://sunada.exblog.jp/23753211/
この時の記事を見ていただくとわかるように
アンコールで突発的にマイクもギターのケーブルも全て外してロマンスとポスターカラーをやったんだよね。
この時はポスターカラーにはうーとかあーとかみたいな長い音符のコーラスをつけた。
ロマンスはサビが3声のコーラスになる。
コーラス、特に3声ってのはバシッと決まると、
悪いけど聴いてる方よりやってる方が気持ちいいかもしれない。
さらに生音でやるとお互いの声が空中で直に交わり、これをお聴かせできないのはもったいないというか、
でも聴かせることはなかなかできないよね…
そんなことを考えてその時点でUNPLUGGEDシリーズは酒游舘でやることは
決まっていたのだったよ。

しかもついに生音ライブに共演者です。
マイクも使わないとなると、さすがにみなさん二の足を踏みます。
やっていなかったらサンタラだってそうだったでしょうね。
そんな中やってきた3組の猛者。
アランスミシーとは旧知の仲ですのでもちろん3声もやり、
アンコールでは出演者全員での合唱、満足な一夜となりました。
b0113846_2233035.jpg


家に帰るとなぜかコウモリが廊下に一匹いるんです…
きもちわりいです。
2日間静観しましたところ、今朝方いなくなりました。
ちょっと残念と思っていたら、今夜また帰ってきました…
マジですか…怪我してるんでしょうか。どうしましょう。
保護なんて無理ですよ…怖いです。
b0113846_22223297.jpg

[PR]

by santarablog2 | 2015-07-07 22:25 | 日記 | Comments(1)
2015年 07月 07日

長野、金沢、滋賀県高島市

帰ってまいりました。

大和の後、風邪をひいてしまい、よくなったかと思ったら
人間ドックがあり、テロンテロンの検査服で半日過ごしたせいか
ぶり返してしまい出かける前日までダルダルと過ごしていました。
そんなに身体が弱いわけではないけど、最近は一度風邪ひくと治るまでが長いわ…
年ですか。きっとそうでしょうね。

初日、長野は昨年ガロ井戸ツアーの際行って打ち上げでそんな話になり実現した案件。
飲みの席での話が実現したわけです。
India Skyは昔ながらの「ライブハウス」といった風情。
ツアーを続けて、得難いなと思う気持ちのひとつは地元に根付いている人に対する憧れです。
しかもその人が歌を歌ってたりするとなおさら。
そういう方々に較べるとぼくたちなんか随分と中庸であざとくなったもんだと思います。
おもしろかったです。また行きたい。
写真なし。

翌日は金沢へ。
長野から日本海へ出る。
b0113846_10221873.jpg


今回金沢はアンプラグドっていうことで
いつものもっきりやではない。ペーパームーンというお店。でももっきりやの系列店?です。
b0113846_10241536.jpg

ね、どことなくもっきりやっぽい。
打ち上げはよくここでやったりしています。
この界隈の雰囲気は何とも言えません。
平賀さんと話しているとこう、どこか敬虔な気持ちになります。ご本人は認めないだろうけど。
ここで飲んでいると自分は真っ当な品行方正人かと錯覚してしまいます。
とにかくいつまでもこうしてあってほしい。

翌日は一路、滋賀県高島市へ。金沢から2時間弱で着きます。
琵琶湖を挟んで西側、いわゆる湖西地域。
大津とか、名神高速が走っているのは湖東です。
滋賀には京都での学生時代の想い出、ありますよ。

この高島市あたりは拝啓車寅次郎様のロケ地であったそうで
ちょいと降りてみようと思う。
琵琶湖と複雑な形で繋がったちょっとした入り江を発見。
b0113846_10372019.jpg

亀が甲羅干ししている。水草がわんわん茂っていて魚が見える。
ちょっと見てみるべ。
タガメは期待してないぜ。
目視できる限り多数の貝、カワニナかな?魚は何だろう?カワムツでしょうか?
その他アメンボ、小海老、などまあひとしきり楽園でした。水草はクロモ。
b0113846_10372636.jpg

調べてみたところ、アオイトトンボ、アジアイトトンボのどちらかだけど
もはや判別できません。
b0113846_10373611.jpg

亀の抜け殻(死体)

長くなってきたので続きはまた。
[PR]

by santarablog2 | 2015-07-07 10:53 | 日記 | Comments(2)