サンタラ・砂田の別冊☆スナダ

sunada.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 01日

梅雨時の矛盾

先日は久々にライブハウスですばらしいライブを観た。
1本のライブをこんなに集中して観たのは10何年ぶりだし、
本当に素晴らしいサウンドだったので言葉はないし、ここに詳しく書きたいと思わない。
人間そういうものかもしれないね。
心底自分がいいと思ったら、それを言葉にして人に伝えてもあんまり意味を成さない。

サンタラの秋ツアー日程も発表になりましたが、これはしかし是非人に伝えてほしい。
もしサンタラのライブは心から素晴らしいと思っていても伝えてほしい。
そんなに素晴らしくないけどね…って思ってる人は簡単に伝えられるから問題ないね。

先日は秋からのあれこれに向けて新しいビジュアル作成、撮影をしてきました。
フラッシュを焚くと、自分の顔が想像以上に日灼けしていてビックリ。
園芸にもいそしんでおるからね。

ようやく梅雨らしくなってきましたね。
6月はライブがなかったので、1か月以上ぶりのライブが迫って来ています。
共演の高橋研さんとは初対面になりますが、高橋研さんの書いた数々の名曲とはまだギターを手にする前から
出会っていたこともあり、感無量のニニチカンとなりそうです。
もちろんリクエストしてセッションも予定。
是非お楽しみにね。



b0113846_23405136.jpg
b0113846_23415354.jpg



[PR]

# by santarablog2 | 2017-07-01 23:44 | 日記 | Comments(2)
2017年 06月 12日

六月のブルース

もう10数年も日記をつけている。
主にはライブのセットリストと、レコーディングの進捗と。
ビリー(ぎっくり以来はほとんどやってない)と、休肝日とか、
その辺りは妙に詳細にレポートのようにつけてあって。
後は結構適当、天気しか書いてなかったりするんだけど。

そして5月が終わって割と激動のひと月だったなあ。と思います。
出会いと別れ、過去と現在、未来…
出会いと別れ、または再会みたいなものはこの稼業はその繰り返しだったりするんだけど、
現在は、当然いつでも現在で未来だけど、過去のことはなかなかそこまで深く考えたりしないものだから、
感想として一気にそれが固まっているひと月は珍しいような気もする。

過去の自分がどんなふうだったかが記録されてる幸いにも。
レコード(記録)は残酷ながらも、大きな力を与えてくれる。
「彼が私に問いかける元気ですかの一言が」みたいな曲あったなあ。
これ2002年のデモテープですって!
b0113846_22140039.jpg
10数年ってのは…
「戻るには遠すぎて悟るにはまだ若すぎる」という歌詞もあった。
哲学?

今年は9月からツアーの予定で現在最終調整段階です。
もう少し待ってね。
b0113846_22143916.jpg



[PR]

# by santarablog2 | 2017-06-12 22:15 | 日記 | Comments(2)
2017年 05月 29日

LIVE in Pandarino終了

浜名湖畔でのパンダリーノでのライブを終えました。
b0113846_19031674.jpg
フィアットパンダが300代以上集まる芝生の上での野外のライブ。
環境的にも気持ち良く、そして暖かく迎えられて感謝しております!
イベント自体のレポートはこちらでどうぞ
スナダ園芸のことをブログに書いていきたいんですが、なかなかできません。
今回もたくさんのお持ち帰りありがとうございました!
5月なのに30℃を超える日が何日もあり、ということは大抵の植物たちは休眠に入ってしまうのかな?
ますます天候の不順が気にかかる毎日です。
うちにいる時はベランダであれこれいじっている時間がとても長くなっています。
そうさ、何かに凝らなくちゃダメだから、これでいいのさ。
昨日、浜松で買ってきた鉢には金のなる木を植えました。
b0113846_19124757.jpg
ハクション大魔王っぽい?
そろそろレコーディングも再開しようかなといったところです。

[PR]

# by santarablog2 | 2017-05-29 19:13 | 日記 | Comments(2)