2016年 11月 10日

魅惑の義母の舌

サンセベリア、またの名を虎の尾、
英語での俗称はSnake Plant 、そして別称Tongue of mother in law
義母の舌か…
何とも言えないこの質感。
恐ろしい模様…十分な要素。
ハマりやすいぼくなんかあっという間です。
b0113846_10583047.jpg

昼下りの義母の舌。
これはローレンティという最もポピュラーな品種なのですが、これが手こずらせやがる。
水をあげ過ぎちゃいけない、冬は水を切るというのは何を見ても書いてあるんです。
うん、「水はそんなにいらないらしいから、今日は暑かったしちょこっとだけあげよう。ほんのちょっとだけ…」
「今は生長期だから、もう土が乾いているから、ガンガンに育ってもらうためには水あげよう。」
この発想がいけない。
昨年から引き続いて二度目の失敗をしました。
なんてこと。

根がダメになったら葉を10cmくらいに切って土に挿します。するとそこから根が生えて子株が出るという。
b0113846_10592538.jpg

この人は切らなかったようですが、動画として質感が最高!

本当に根が出ました。葉っぱから根が出る?出るんですね。
b0113846_10594434.jpg

季節柄心配ですが、大事にしようと思います。
これ全部から独立した子株が出たら…えらいことやで~きみ!


今育てているのは舌のようなローレンティと卓上用のかわいいハーニー。
ハーニーの方は成功して子株が出ました。
年末にかけてのライブでスナダ園芸で出荷予定です。
b0113846_11000526.jpg

今探しているのは
これが希少種らしくなかなかない。


[PR]

# by santarablog2 | 2016-11-10 11:01 | 生き物 | Comments(1)
2016年 11月 01日

ばかでも寒けりゃ風邪をひく

小松のイベントから1週間経ってしまいました。
寒い中を集まってくれたみなさんありがとうございました!
風邪ひかなかった?ぼくはひいたよ…まだ完治せんよ。
風邪ひいてもそんなにひどくはならないけど、最近は歳のせいか長いんだよね。
身体は丈夫だと思ってたけど、生活を楽しむためにはそれなりに気を付けなきゃいけないね。

震災チャリティのイベントということで、いろんな意味で強行軍でした。
「チャリティ」素晴らしいことだよ。
でもある意味免罪符だよね。貴君の熱き想いは人の力を借りなきゃ届かないのか?
毎年金沢にライブしに行ってるんですよ!もっきりやも来てね。

会場では様々、出店もあり、こういうところでは珍しいことに植物屋さんが出てました。
ご主人といろいろと語れて面白かった。
育てていて困った時に周りに相談できる人がいないので、普段はネットで検索します。
例えばヘデラの枝を水挿ししておいて、根っこが出てきたら鉢上げします。
さらに根っこに栄養が行きやすいように、葉を間引いた方がいいのか?と思ったら、
「ヘデラ」「鉢上げ後」「剪定」など細かく単語で区切ってググると上の方に出てくるのは
何ていうの?こういうサイト。
おしゃれインテリアとかのポータルサイトの上っ面な植物紹介記事なんですよね。
今知りたいのはもっと具体的な、ピンポイントな実務なのに。

そこで画像検索をやってみると割と個人的なブログなど出てきます。
が、やってみた報告であったりとか…訊きたいのは一般的なセオリーなんです。

最近よくやるのはYouTube検索です。
この映像なんて本当に最高!
きっとあなたもやりたくなるよ!
でも本当はこんなBGMは入れない方がよろしい。
この音楽が悪いんではなくて、土をかけてザラザラとか、葉の合わさる音とか自然の音がいい。
海外の動画の方がたくさん出てるのでよく見ます。

そのためには植物の名前を英語で検索しなければならない。
学名は調べればすぐわかりますが、いくつか見ているうちに英語の俗称も明らかになってきます。

例えば、
オリヅルラン →Spider Plant(ランナーの先に子株がぶら下がる姿が蜘蛛に見えるらしい)
金のなる木→Jade Plant(ひすい、玉。葉っぱが丸いから?)
サンセベリア→SnakePlant(サンスベは種類がいっぱいあるので一番ポピュラーなローレンチはまあヘビっぽいかな?)
もう一個ありました。
サンセベリア→Mother in law's Tongue (義母の舌…なんだそりゃ)

そうなんです、この季節になってそろそろ冬越し前に落ち着きたいんですが、サンセベリアだけが、うまくいかないんです。

つづく
b0113846_00341790.jpg

[PR]

# by santarablog2 | 2016-11-01 00:40 | 日記 | Comments(1)
2016年 10月 19日

未来と書いて「ゆめ」

今年9月半ばからこれまで日照時間が平年の1/4だと何かで読んだ。
ということは、植物の生長も1/4だし人間の元気も1/4。
まったく…

サンセベリアローレンティがまた根腐れしてしまった。
こち亀が終わってしまった。
ボブディランがノーベル文学賞をもらった。
世界が悪くなっているばかりじゃないけど、
理解できないことは増えてきた。
体調もあまり優れず出不精になっている。

この間に断捨離。
自分の持ち物の中で把握できていないのはやはり大量のCDです。
特に購入したのではないCD類は本当に…
過去と書いて「きず」と読みたいような。
でもどんどん減っていくのは、音楽を捨てていく罪悪感と裏腹に快感です。
どうせなら心身ともに過ごしたいものです。
b0113846_13410431.jpg

[PR]

# by santarablog2 | 2016-10-19 13:41 | 日記 | Comments(1)